白く輝く歯を手に入れませんか?審美歯科東京ガイド

審美歯科を選ぶポイントと東京のおすすめの審美歯科についてご紹介しています。

白く輝く歯を手に入れませんか?審美歯科東京ガイド TOP

白く輝く歯を手に入れませんか?審美歯科東京ガイド TOP


近頃では、歯科医院を選ぶ際に審美歯科を選ぶ人が増えてきたようです。審美歯科と一般の歯科医院との違いは、なんなのでしょう?

一般に行われる歯科治療は虫歯や歯周病などの病気を治すことですね。審美歯科ではここから一歩進んで、美しく健康な歯を作ること、そして美しく健康的な笑顔を作る歯科治療のことなのです。
機能性だけでなく、美しさも同時に追及する治療法といえるでしょう。

審美歯科で具体的に改善できることは、次の3つに要約されます。

まず、多くの人が願う「歯を白くしたい」という思いを叶えてくれます。「白い歯」というものは、清潔感や知性を感じさせ、今も昔も万人が憧れるところでしょう。どうせ虫歯を治療するなら、白い歯になりたい。また、虫歯など治療する歯がなくても、白い歯が欲しい、という思いを叶えてくれるのです。方法は、クリーニングやホワイトニングを行いますが、この二種に関しても各種様々な方法から選ぶことができます。

次に、「歯の大きさを整えたい」「歯並びを綺麗にしたい」という願いもまた、審美治療で、叶えることができます。審美歯科では、歯並びを整えるだけでなく、歯の形、大きさを整えることもできますし、表面的に美しくするだけではなく、歯の機能や噛み合わせをよくすることもできます。

そして、歯茎を整えることもできます。綺麗な色とラインの歯ぐき、美しい歯や歯並びが揃った口元は、顏全体の印象をも変え、綺麗な笑顔をもたらしてくれることでしょう。


審美歯科と美容歯科の違い




審美歯科と美容外科の違いがよくわからない、と感じた事はありませんか?
確かに、どちらも美しさを追求するものです。

が、審美歯科の場合には、歯を白く美しいものするホワイトニング治療や、一見、なおしたとわからないように自然に、人工歯を使用して被せ物をしたり虫歯を治療したり、失ってしまった歯をそれとわからないように修復するインプラントなど、美と自然さを追求した治療の総称のことなのです。
ですから、自然な感じにすることを目的とするため、自由度には限りがあります。また、審美歯科では、歯科医師やクリニック側の美的感覚で患者の歯の形や色が自然に見えるように配慮して治療が完了します。

これに対して美容歯科の場合には、まず患者の美的感覚を尊重します。ですから、美容整形に含まれる治療法となります。歯並びを綺麗に見せる、歯の形、色などすべてが患者の意見や希望を取り入れた、自由な美容整形なのです。

八重歯を人工的に作ったり、出っ歯を作ったりと、患者の希望によってチャームポイントになる歯を作ることにより、様々な口元を作り上げることが可能です。

美容歯科ではあくまで患者の側に歯の色や形の決定権があり、患者が希望するイメージに近づけることを第一にしています。
審美歯科のように1本1本を自然に治す、つまり形や美しさを意識した治療をするのではなく、顔の輪郭、唇の形、肌の色などを参考にして患者に一番ふさわしく美しい口元を提供するのが、美容歯科といえるでしょう。


男性のための審美治療


最近では女性ばかりでなく、男性の方も見た目を意識して治療される方が増えてきているようです。

男性の審美治療の特徴としては、社会人としてのエチケットということで、歯並び、歯の色、口臭について気になる方が多いようです。

歯並びを短期間で綺麗に整えるには、セラミック治療がお勧めです。
ただ場合によっては、歯の神経を抜く必要もありますから歯科医師と相談したうえで治療した方がよいでしょう。

また、1年以上の治療期間がかかっても構わない、という方には、マウスピースによる歯列矯正がお勧めです。歯の裏側に矯正器具をつけることも可能ですし、透明で取り外し可能なタイプを装着することもできます。

次に、歯の色が気になる方には、歯に付着した汚れを落とすPMTCや、薬剤を使って歯を漂白するホワイトニングがお勧めです。
ただ、変色してしまった歯は、状態によって効果が得られないことがあります。そのような場合は、歯の表面を薄く削って人工歯を貼り付けるラミネートベニアや、被せ物を装着するセラミック治療はいかがでしょうか。

口臭が気になる方の場合は、 理由として虫歯や歯周病、歯のヒビ割れ、過去に治療したインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)が合っていないことなどが考えられます。また、加齢により唾液の量が減り、歯周病が進行しやすいお口の状態になっているかもしれません。気になる方は、まずはお口全体の状態を歯科で確認してみてはいかがでしょうか。


TOPへ戻る